フランス

フランス語 独学 勉強方法 1年で0からDELF B2(仏検 準1級レベル)取得まで① リスニング&発音

18/05/2021

この記事では0からフランス語の勉強を始める方に向けて、実際に私がおこなった中で効果があったと思う勉強法について書いています。

内容に行く前に私のフランス語歴を紹介させてください。

2015年の4月から2016年3月までの1年間、会社の語学研修生としてフランスに留学していました。英語はしゃべれない、フランス語については全く0(単語で知っていたのはOui,Non, Bonjourくらいw)のまま渡仏しましたが、1年でDELFというテストのB2(フランスの大学へ留学する際にフランス語が免除される)レベルまで習得できました。

具体的には渡仏してから1カ月DELF A1合格→2か月DELF A2合格→3か月 B1合格→8カ月B2合格→10&11カ月 C1 不合格。。

これからフランス語を勉強される方の参考になればと思い、自分なりに工夫していた点を書いていきたいと思います。

ディクテーションでリスニング/文法/単語/発音を同時に鍛える

ディクテーションは初心者の方に最もおすすめの勉強法です。

メリット

リスニング力向上

発音が良くなる

単語・文法が身につく

ディクテーションは音だけをもとに聞き取れた音を実際に書いていく、というシンプルな勉強法です。リスニングや正しい文章の作り方(文法)を学ぶことができるだけでなく、音から文字に入っていけるのでフランス語を発音することへの抵抗もなくなります(だってフランス人のナレーターがこうやって発音しているし、と自信がついてきますよ)。

具体的な方法は以下の通りです。

  1. 音声を再生
  2. 音と同時に聞き取れた部分を書いていく(最初は単語もしくはアルファベだけかもしれませんが、それでもOK)
  3. 音声を何度もリピートし、書ききったと思えるまで上記を繰り返す
  4. スクリプトをみて答え合わせ。音声をかけつつ、スクリプトと自分の聞き取れた文章をみくらべて、どの部分の音がなぜ聞き取れなかったのか(単語を知らなかったのか、アルファベの音自体が聞き取れなかったのか、etc..)を分析
  5. 分析がすんだら音声に合わせて文章を音読。この際にスマホなどで自分の音声を録音して音声の物まねができているかどうかチェック(文字に頼らず聞こえるがままに発音することがポイント=シャドーイング)

まずは1行程度の短い文章から始めていくのがベスト。集中力を要するので、短い文をいくつも集中してやった方が効率が良い気がします。

また、長い文章を何度も聞くことって心理的なハードルが高く挫折しやすいかなと思っています(僕はそうでした)。語学に関しては続けることが何よりも大切だと思うので、とっつきやすいものを選びましょう。

このニーズをみたしてくれたのは当時「仏検3・4級必須単語集―petits pois 」だけでした。

この本は単語帳という分類にはなるものの、1行程度の仏語例文の下に使用されている単語が記載されているという形式になっているので単語帳ライクなつくりとは少し異なります。

私は単語帳として使ったつもりはありませんでしたが、ディクテーションを行っていると実際に聞きながら書くことになるので自然とボキャブラリーも増えてきたと思います。

また、実際の日常会話で使えるフレーズも多々あるため、例文暗記用としても使うことができます。

タイトルには仏検3・4級とありますが、感覚的にはこれ1冊を何度も繰り返しディクテーションしていればDELFはB1まで、仏検は2級まで行けると思います(仏検のリスニングとかディクテだけだったら準1級も余裕です)

同じ本の仏検準1級・2級verもあるのですが、こちらは1レッスンあたりが複数行になっていてディクテーション用としては使い辛かったです。。DELF B2やDALF C1用に同じような形式で難易度が高いものがあればなー当時は思っていました。

ディクテーションした文章のシャドーイングでリスニング発音をさらに鍛える

一度ディクテーションしたものを、隙間時間を使ってシャドーイングすることもまたおすすめです。近年、学習指導系の英会話スクール中心に喧伝しているだけあって、やはりシャドーイングの効果は絶大です。これによりフランス語を発音することに口がなれてくる(ほほの筋肉や喉の使い方とか)ので、意識せずにフランス語っぽい発音ができるようになってくるし、相乗効果でリスニング力もさらに伸びたように感じました。

私は当時Amboiseという田舎にくらしており朝方のひと気もすくなかったため、シャドーイングをしながら徒歩通学していました。これがリスニング・発音の上達を手助けしてくれたと思っています。

Amboiseの田舎道、ここでひたすらぶつぶつシャドーイングしていました

次回 スピーキング力を伸ばすには

次回は、スピーキング力を伸ばすためには何を、どうやってやるべきかについて書いていきたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございます!

-フランス
-