ガジェット/Tec

Sony グラスサウンドスピーカー 第3世代 LSPX-S3 発表!前機種とのちがいは?

13/07/2021

青年
ソニーがグラスサウンドスピーカーの新機種を発表したと聞きました。前機種との差は?今買うならどっちがおすすめ?

この記事では上記の質問に答えていきます。

7月13日ソニーからグラスサウンドスピーカーの新機種 LSPX-S3が発売されるとの発表がありましたが、先週ついに発売されました。

グラスサウンドスピーカーといえば、ソニーはこれまで2機種発売しており、前機種のLSPX-S2は2019年の発売なので2年ぶりの新商品発売となります。

ソニーの公式を見ると、前機種もまだ購入可能のようですが、新商品の発表に合わせて在庫量も少なくなっているものと思います。この記事では前機種のLSPX-S2との比較をメインに、LSPX-S3の詳細を見ていきたいと思います。

ソニー グラスサウンドスピーカー の歴史

ソニーは2016年に最初のグラスサウンドスピーカーLSPX-S1を、2019年に2世代目のLSPX-S2を発表しています。下の写真の左側が第1世代、右側が第2世代です。

第1世代は円筒状のつくりになっていて、第2世代は途中でクビレがあって有機ガラス部分はろうそくのように細くなっています。今回発表された第3世代は第2世代を踏襲した形になっています。

途中のクビレがないことくらいがデザイン上の変化点でしょうか。

第1世代と第2世代の比較については以下の記事で紹介してますので、良ければ合わせてご覧ください。

こちらもCHECK

【おすすめ】グラスサウンドスピーカー 家具としても使える Sony/BALMUDA/MoriMori 【使用中】

続きを見る

ソニー グラスサウンドスピーカー LSPX-S2 / LSPX-S3 違い早見表

主要なスペックについ表にまとめてみました。

各項目の数値はソニーの公式サイトから引用させていただきました。

正直、前機種の廉価版という感じがいなめないですね。。値段は¥5,500安くなっているものの、サブウーファーの出力は3W下がっています。ポジティブな変化点としてはキャンドルライトモードが3段階で調節可能になったことでしょうか。

LSPX-S2のキャンドルモードは満足のいくエフェクトを感じられなかったので、今回はよりキャンドルらしく光がちらついてくれることを期待したいです。

個人的にはあまり魅力的には感じないスペック・デザインで残念でした。

ソニー グラスサウンドスピーカー いまから買うなら新型よりLSPX-S2がおすすめ

8月6日の発売を待ってLSPX-S3を買うべきか、いますぐLSPX-S2を買うべきか。個人的にはいますぐLSPX-S2を買うことをおすすめします。

理由は2点あります。

  1. LSPX-S2の市場価格はLSPX-S3と同じレベルまで落ちてきている
  2. LSPX-S3の発表により、LSPX-S2の生産はストップしており市場在庫だけの可能性がある

1点目については、以下の図をご覧ください。これはLSPX-S2のアマゾンにおける価格の変動をあらわしています。一番右端がこのブログを書いている現在の価格なのですが、¥38,412となっています。

上で見た通り、LSPX-S2とLSPX-S3のスペックは同等で、ウーファーの出力に関してはLSPX-S2が上回っています。この差を考えると、同じ値段でLSPX-S2を買っておいた方が良いのではないかとおもいます。

2点目は冒頭で述べた通りで、新商品の発表に合わせて在庫量も少なくなっているものと思いますので、早めに購入しておかないと近々在庫がなくなる可能性もある、ということは留意しておきたいポイントです。

アマゾンでLSPX-S2をチェック

ソニー グラスサウンドスピーカーまとめ

もう一度まとめますと

  • 新機種LSPX-S3は前機種のLSPX-S3とくらべて¥5,500安い
  • 前機種から大きなスペック変更なし(ウーファーの出力は11Wから8Wにダウン)
  • キャンドルライトモードは3段階で調整可能になる

以上がLSPX-S3の特徴まとめです。

前機種、前々機種、またBALMUDA等、他社のグラスサウンドスピーカーについては以下のページにまとめておりますので、良ければごらんください。

こちらもCHECK

【おすすめ】グラスサウンドスピーカー 家具としても使える Sony/BALMUDA/MoriMori 【使用中】

続きを見る

それでは、最後までおよみいただきありがとうございました!

-ガジェット/Tec