革靴

平日向き!3分未満でできる簡単な革靴の手入れ方法

26/05/2021

この記事では、帰宅後手軽にできる革靴の磨き方をご紹介します。私自身、この方法で5年以上履き続けられている革靴がいくつもあるので、効果は実証済みです!

この記事を読んでいただいければ以下のことがわかります。

  • 帰宅後、3分でできる革靴の磨き方
  • 革靴を磨くのに必要な道具

購入から丸6年目を迎えたJM WESTONのゴルフも、この手入れ方法でまだまだはけています。

革靴の手入れ方法 わずか3ステップ

日々のメンテナンスは以下の3ステップですみます。

  1. 靴を脱いだ後、柔らかいブラシ(馬毛)でブラッシングを行う=汚れ落とし
  2. 乾燥剤を入れて一晩ねかす=除湿、カビ予防
  3. 翌日、シューツリを入れて保管=型崩れを防ぐ

平日のメンテナンスはこれだけ行えれば十分です。これなら脱いでから翌日シューツリーをいれるまで、合計3分もかからないと思います。

「クリームとかはぬらないの?」という疑問もあるかと思いますが、1・2度履いたくらいではぬらなくて大丈夫です。

革靴を買ったばかりのころは履くたびにメンテナンスをしたくなる、という気持ちもわかりますが、クリームを塗りすぎると古いクリームが固まって層を作ってしまい、本格的に靴磨きをしようというときに苦労します。

(ステインリムーバーというもので古いクリームを除去するのですが、これはまた後述します)

それぞれのステップについて具体的に見ていきましょう。

ちなみに、コードバン革靴の手入れ方法についても紹介していますので、よければご覧ください。

1. 靴を脱いだ後、やわらかいブラシ(馬毛がおすすめ)でブラッシングを行う=汚れ落とし

まずは外でつけてきた汚れをブラシで落とします。靴の表面をやわらかいブラシを使って掃いていくイメージです。おすすめは馬の毛のブラシですね!

僕はモウブレイのものを使ってますが、手入れ道具もずっと使っていると愛着がわいてきます。(定期的に買い換えるのが望ましいのかもしれませんが笑)

付着した土やその他の汚れはどんどん落としにくくなっていくので、出来る限りその日のうちにブラッシングはしてしまいましょう。

何かアクシデントで大きなシミ・汚れができてしまったということでもなければ片足10秒もかければ十分です。

1点だけ!コバの部分(アッパーとソールの間の出っ張り)のブラシ掛けもわすれずに

目が届きにくいことに加えてごみやほこりが溜まりやすい場所なので、意識してブラッシングすることをおすすめします!

これの汚れ落としを意図したブラッシングだけで小さな傷などは隠れるはずですし、光沢もよみがえってくると思います。

2. 除湿剤をいれて一晩ねかす=カビ予防

第2ステップはカビ予防。これは3ステップの中でも一番重要です!

というのも、一度ソールからカビが生えてしまうと、布やブラシなどで一時的に落としたところですぐに復活してきてしまいます。地獄です。

なので、夏場など汗をことさら書きやすい季節には忘れずに除湿剤入れるようにしましょう。

ちなみに、カビが原因で僕は過去にCharch'sのDiplomatをダメにしたという経験があります。。(ゲリラ豪雨にやられて足首まで水につかったのが原因でした。。)

一応アマゾンのリンクを張っておきますが、100均とかドラッグストアにも売っていると思うので探してみてください。1個で少なくとも半年は持つと思うのでコストもかかりません。

3. 翌日、シューツリーを入れて保管=型崩れを防ぐ

しっかりと湿気を飛ばしたら、シューツリーを入れて型崩れを防ぎます。

ここも10秒程度でできるはずです。

個人の歩く癖や足の形で、型崩れは避けては通れない(とくに履き口が広がる=わらってくる)わけですが、シューツリーを入れて都度ととのえていくことでそのスピードや程度は抑えることができます。

それにシューツリーが入った革靴って見た目もいいですよね笑

保形の観点から、専用に作られたブランド純正のシューツリーおすすめしますが、サードパーティー性でも色々出ているようなので、純正のものはあとから買い足すって感じでも問題ないと思います。

余談ですが、ハワイはAldenの安さよりもAldenのシューツリーの安さに驚きました笑 行かれた際は買われることをおすすめします。

革靴の手入れ方法 まとめ 

平日のシューケアはブラッシング→除湿剤投入→シューツリーセットの3ステップで完了です。

平日は最低限これだけやって、週末など時間があるときに汚れ落としやクリームを使ったケアをすれば、長く愛用していくことは可能です。

次回以降の記事では、時間のある時にやるべきケア方法について書いていきたいと思いますので、宜しくお願いします。

最後までおよみいただきありがとうございました!

コードバンの手入れ方法についても紹介しているので、よろしければご覧ください。

-革靴